This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間そっくり
日韓のお仕事をwordでしました。
というわけで、初word@mac。
windowsとの互換性は多少問題になるみたいですね、細かいところですが。はじめは何度も予期しないエラーで保存されぬままwordが閉じていらっとしましたが。
macの方が直感的に使えるけど、自分で工夫を凝らした応用は利かないイメージが。尤もwindowsで工夫を凝らすかと言えば決してそんな面倒くさいことはしないので、結局普通に使う分にはmacの方が見た目きれいな書類やらブツができるという感想でし。
ただ、macできれいだなーと思って作った書類がwindowsで開かれるとそうでもないというのは、微妙な問題です。

ところで映画のmatrixは巷で有名ですが、安部公房の『人間そっくり』も同じコンセプトでした。人間そっくりの方がプシコに近い視点で書かれていますが、根底にあるものは全く同じもの。ちなみに木村敏の『あいだ』でもそうですが、昔から内部観測の問題は広く語られてきたのですね。観測至上主義の「科学教」が普及する世の中では、基本的な教育の現場や、主だった華々しい世間の業績の評価においてはほとんど触れられない概念ですが、ぜひとも注目していきたい考え方です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。