This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボードレール
8時から12時という変な時間に寝てしまい眠れない、、ので
数年前に買って放置していた詩集を眺めてみた。
高校時代、国語の時間にやたらつまらないという印象しかなかったけど、今になって少しは良さがわかる気がした。詩っていうのは趣味としての音楽と同じで、好きなものを好きなだけ好きなときに摂取するのがいいみたい。一般人にとって芸術ってそういうものですよね。

本日の供覧は
シャルル・ボードレールの『死のよろこび』を永井荷風が訳したもの。

蝸牛はひまわる泥濘に、
われ手づからに底知れぬ穴を掘らん。
安らかにやがてわれ老いさらぼひし骨を埋め、
水底に鱶の沈む如忘却の淵に眠るべし
(中略)
わが亡骸にためらふ事なく食入りて、
死の中に死し、魂失せし古びし肉に、
蛆虫よ、われに問へ。猶も悩みのありやなしやと。


明日はKAPPAインストラクターでびゅー。
そして終わり次第駒東会。時間が被ってて遅刻するので若干鬱、、なんか今回は先生が40人以上来て、かつ校長を呼ぶとかで、、あーー
とりあえず日曜は図書館でも行ってまったり本でも読みたいところ、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。