This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が変わった
いつものように投稿を書いていたら、急にばかばかしくなった。

自分が自分に論理的に発言することに対する、ある意味論理的なばかばかしさ。

無意味、ではなく、ばかばかしい。
"無意味"と"ばかばかしい"は、"有意味"と"美しい"が異なるのと同じように、異なる。
ウィトゲンシュタインの言語による世界観は、美しいと思う。

それはともかく。
論理でも非論理でも、少なくとも論理の側からすればfifty-fifty(価値判断不能)なので、これからはフィーリングを鍛えたいと思いました。

興味を持つのは多分どの分野でもいいのだけれど、門外に突っ込むと若干時間的不都合を生じるので、今いる門内にてフィーリングを鍛えたいと思います。
多分今は、なんとなく、そういう時期。

あまりに突然なので、どれくらい続くかはわからないけれど、今までの生活とは少しお別れしようかと思います。思想は保持しつつ、生活を変える。

もしこの話を哲学やってる人に話して、いろいろ議論したら、僕は論理に対するばかばかしさなど感じなくなるのかもしれない。個人の差、情報の格差というのはそういうもので、僕が持っている情報量だけで今何かを判断することは、僕より良質で多量の情報を持っている人からすれば悲しむべきことかもしれない。
けれど、今僕は彼と話すことを選択しないし、それ故引き戻されることもない。だから、彼には僕を引き止めることはできないし、僕も今は、完全には戻ることはできない。何かを"選択した"ということは、そういうこと。

ほんの、ほんとうに小さな力で、僕はあっちの世界からこっちの世界に転がり込む。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。