This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卑怯ではない、はず。
歯が痛いので、歯科を予約。どの歯科にするかすごく迷った。自分が現場で研修する立場になってみると、自分程度の軽い疾患で、どの規模の病院、どういう経歴・評判の医師にかかるかを慎重に選ばざるを得ない。
結局、中規模で、親知らずを抜く可能性を考慮して口腔外科のあるところ、通院するからアクセスが良くて、ぼったくられたくないから基本保険診療、大学で暫く研修した歯科医で、大学病院と連携を取りつつ、かつ研修生のいなそうなところを選択。
ちょっと大げさな気もするが、歯科の治療は、万が一良くない治療をされても十年後とかまでわからないことがあるだろうから。

自分が研修してる身で研修生のいなそうなところを敢えて選ぶのは卑怯かって?
いや、んなことはないはず。研修生のいるところには、もっと重篤な疾患に罹って、その高機能な施設で医療を受ける利益が、研修生による不利益を上回ったら受診しようと思う。研修機関ってそういうものでしょう。(てかそこまで不利益があるのかって話にもなるけれど、もし歯が不必要に痛かったら嫌だもの。。)

さて、今日は久々に夕食を友人と。
社会に目を向けている友人が増えていく中、自分もそうした方がよさそう、とは思うのだけれど、現実にはまだそういう気にはあまりなれない。まぁどこに目を向けたとしても、"結局は自己満足だから大差ないよ"という使い古された表現に帰着されるというのが思い遣りのある通説なのだろうけれど。やっぱりちょっと周りが気になる。そしてこの反応はおそらく、KYでない為にも、正しい。はず。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
卑怯だ!!!

いや、読んでないけど
2008/01/12(土) 12:06:23 | URL | philo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。