This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カイン
中島義道の「カイン」を読んだ。
昨日ブログで書いたこととタイミングが絶妙に一致してて若干驚き。

僕の中には間違いなく、そのカインが順調に育っていて、それがメールをすぐ返せないとか、新聞の原稿の締め切りをいつもぎりぎりにしてしまうとか、そういう現象を引き起こしている。これは自分の反社会的行動に対する言い訳でも何でもない。そして、そうすることに後ろめたさは殆ど感じない。ちなみにこれは傲慢の類ではない。ただ単に、謙虚に、現実の自分がそうなのであるとしか言いようがない。さらに、後ろめたさを「殆ど」感じないのであって、まったく感じないわけではないのは、自分が100%のカインではないから。社会性を簑のようにまとわりつけた疑似社会人としてのカインでありたいと望んでいるから。

「カイン」とは本の中に出てくる用語(人名に由来する)で、「自分が疑問に思っていることを考えずにはいられない人」とでも言えるのか。カインは世の中のマジョリティと感受性が違うから、いつもマジョリティー的に「正しい」ものに迫害されて生きなければならず、それでもカインであることをやめてはならぬ、自分をごまかして生きるな、みたいなことが本には書いてあった。まぁ自分は言われなくてもやめるのは原理的に不可能だから、やめるつもりはない。ただ、社会性というのはカインにとって不合理そのものだから、疑似社会性を持つカインとして生きる以上、そこに摩擦が生じるのは仕方がないぽい。
ちなみに自分の場合の疑問は、「今まで生きてきた中で帰納的に得られる、ものごとを考える為に必要な根源的な問いとしての『自分とは何か』という疑問について考える」こと。

以前、自分の感情は快と不快の二項対立では捉えきれない、と書いたのだが、それは自分の内面にカインがあって、それが社会に適応しないものであることを認知していなかったが為に起こった不具合であるらしい。これは著者の考えから導出した結論だから、どこまで正しいのかはわからないが、少なくとも思い当たる節はあるように思う。それは直前の投稿に書いた「うまくやる必要なんて更々無いと大脳皮質は言うのだけれど、条件反射的に外面を形成する脊髄反射だけは残っている」の部分で、こういう意識(無意識のうちに100%のカインではいられなくて、自分の率直な部分を曲げることによって社会に適合しようとする姿勢)があるから、快と不快以外のものとかいう議論がでてきたのかなーと思った。カインだったら、快と不快だけで事足りるはず、らしい。

以上中島義道ワールドでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。