This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひっきー
今日は8時過ぎから4時くらいまでずっとメディアにひっきー
疲れたので帰ったら寝てしまった 今晩どうしよ。明日は試問。結局今週は病棟に一度も行かなかったな。明日ははんこをもらいに行こう。肩から首にかけて重い。
abe首相が入院、、ごついSPがどこぞの病棟にいたとかいないとか。。

Schizoの雑誌を読んでると、明らかに分子生物とか生理学の勢いが強い。NMDA-Rがドパミンとセロトニンの上位にあるとか、DセリンがNMDAのcostimulatorとからしい。NMDAねぇ。。。
薬を使うと症状が改善し、正常に近くなるという気味の悪さ。きっと心脳問題が回帰する瞬間を見ているのだなぁ。正常に戻った患者さんは、異常だったときより幸福なのだろうか。なぜ皆、自分たちが正しくて、患者は正しくないと思うのか。本人だけじゃなくて周囲が困るのを助けるのも医者の労働の一つだが、患者が正しくて、周りが実はおかいのでは、という疑問を少しは持つべきではないか。妄想性障害では本当にそういう例があるそうだけど。正常とされている周りを少しずつ変えることで、所謂周囲の正常者と異常者が共存する社会を作る方向性は、模索されないのか。
…それは効率わるいのか。

まぁでも、もし効率が悪いというだけの理由で薬を与えられて、ほらあんたおかしかったでしょ、と言われる人が人口の1%いて、そのおかしかった理由が脳の構造と、その構造に基づく発達障害およびneurotranmitterの異常として書き立てられ、膨大な研究資金と勢力がつぎこまれているのは、なんだか悲しいことのようにも思えるのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。