This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せろねがてぃぶな日
ポリクリ再開。
集団というか、久々に現場で学ぶ学生としての立場に放り込まれて、どう振る舞ったら良いのか適応しきれない一日でした。やけに疲れたー。肩凝る。
ラウンジで戯れてたみんなは元気そうでしたね。同級生と会うのはいいものです。

科は願ってもない精神科なのですが。まだ先生としか会ってません。
環境に適応できていないからなのか、自分に対するpositiveさがseronegative。
自分が興味があるのは依然として科学哲学と言語だし、精神科ですら、サイエンスにエビデンスをもたなきゃ意味がないとか、脳がわかれば精神はわかるって言ってるし、たしかに疾患の治療だけが目的ならそれでいいのだけど、、自分が本気で医者をやっていけるのか心配になってきた。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
笑)
>自分が本気で医者をやっていけるのか心配になってきた。。
妙に実感あり。
君の考えを聞いているとよく分かる(笑)
そしたら、臨床やりながら同じジャンルで研究を、とか考えないで、臨床は臨床で割りきって働いて、サイドで哲学やったらいいんじゃないかと思ふ。そのほうが専門にする臨床ジャンルの可能性が広がるし、自分の興味ある分野と切り離して考えると、臨床もまた面白いと思うからね(呼吸器とか循環器とか~)。
医師としては臨床医に徹するのも、それはそれでまたよいと思うよ。
2007/09/04(火) 10:18:08 | URL | kameko #-[ 編集]
そうなんだよね~~
呼吸器は却下だけど、循環神経あたりになるなー。。
働くために働くのは出来ればさけたいのだけれど。
2007/09/04(火) 21:12:54 | URL | かめ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。