This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
選択
雨雨ーー
明日は東京ビッグサイトにてエセ就活。台風直撃なりー
スーツなんで土砂降りとか強風はやめて~~

自分がどうなりたいか漠然としかイメージできないので、研修病院もどういう基準で選べばいいかわかるはずもないのだけれど、とりあえず資料だけもらいにいこうかと。でも一年後には自分の中でだいたいの結論をだしてなきゃいけないんですよね。まぁたぶん無理でしょう。大学受験のときは明確な根拠があったと思うのだけれど、「人を助ける」とかそんなかんじの(今考えると)ありえない動機だったし。そもそも次の瞬間のベクトルを今現在のベクトルで決めること自体に多少の飛躍がある。かといってすべては結果論といってしまうと、次の決定を自分の意思では遂行し得なくなってしまい、おそらく現実的ではない(現実的とは何かについては不明)。だからこれに折り合いをつけるためには、今決めるべき次のベクトルを、自分が描くであろう一連の曲線の中のあくまで動的なものとして、その一部であるという認識でいないとうまくいかない。これはたしか木村敏がノエシス的と呼んだ概念に近い。その一方、今まさに次を決定している自分の行為はノエマ的である。
まとめると、僕はノエシス的思考により現実と理想の折り合いを付けながら、ノエマ的に決定するしかない。

うーん、語彙が貧弱、、、

そんなわけで、夏は本も読もう。特に木村敏は難解なので夏休みくらいしか読めなそうだし…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大学病院を1年目にローテートするのはやめておきましょう。

メジャーに行って上へ上へと登っていくつもりならやはり大学病院はお勧めできません。あまりにも雑用が多く疲弊します。
ブランド病院と呼ばれるところにいって実力と箔をつけた方がよいです。

マイナー志望なら2年大学病院にいてマニアックな病気を診るのもありだと思います。
でも1年目は相当しんどいです。

アメリカでの研修は2点不利な点があります。
1つは初期臨床研修の修了証がもらえないこと
もう一つは何も工夫しないとビザの関係で2年の研修後日本に帰ってこないといけなくなることです。
2007/07/15(日) 07:46:45 | URL | 不良さん #JalddpaA[ 編集]
貴重なアドバイスありがとうございます!m(__)m
今日ブースをまわってきて、やっと少し実感がわいたかんじです。外との比較対象ができるようになったので、大学病院を見る目が少しかわるかもしれないという感想でした。

あ、亜米利加での研修ですか!!
修了証がもらえないということは、帰ってきたら(しかも帰ってこないといけなくて)研修医一年目として働くということですよね、、、ひー(>_<)
2007/07/15(日) 18:17:43 | URL | かめ #mQop/nM.[ 編集]
もし僕が学生時代に戻れるなら
アメリカの海軍病院(沖縄でも横須賀でも)に潜り込んで初期臨床研修を終了し3年目からアメリカ本土でRadiologyを専攻します。
ビザの問題は常に付きまとうけど、そこは何とか頑張る。

大学病院も含め、病院がプレゼンテーションで提示する研修は実際のそれとは大幅に乖離していることが多いので要注意です。
そこの研修がいいかどうかは、そこの研修医がどんな眼をしているか見学しに行かないと分からないと思います。
2007/07/15(日) 23:57:09 | URL | 不良さん #JalddpaA[ 編集]
そ、そうなんですか! 日本で働いてるといろいろあるのでしょうか。。自分まだ学生ですが、後期研修アメリカに行くプランを立てる勇気はないです、、(>_<)

たしかに、昨日も上の部長クラス以上の先生の話より、研修医の話の方が実になった気がしましたー。そういえばうちの大学病院のオーベンクラスの雰囲気と所謂市中病院の同世代の雰囲気って、かなり違いますよね…

やっぱり、ほかの病院の見学はいかなきゃと思いました。。
2007/07/16(月) 01:47:27 | URL | かめ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。