This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
考えない、忘れる。
さて、最後の投稿。
日記はmixiで書こうかと思います。mixi入りたい人は紹介するんで連絡下さい。
バックアップをとりたい日記を公開する形で書くのは、もうやめようと思います。

考えるのを積極的にやめようと思います。
ここ5年半いろいろ考えてきて、それなりのものが見えてきて、とりあえず学生残りの半年は考えないで生きようと思います。半年と言わず、ずっと考えないかもしれない。
数ヶ月前にもこんなことを書いたような気がするけど、今回はもっとsevereにやりたいと思う。

今やっていないことは、積極的に忘れようと思います。ほんとうに。
そうやって切り替えて、その中で、自分のキャパの許す限りのやりたいことをやって、思うように生きて、それでいいんだと思う。どんなに先を考えても変わらないし、それで変わることは、考えないでいて変わることと質的に似たものなんじゃないか。というか、考えないでいて変わることをうまくコントロールする術のようなものを感じ取る方が、たぶん楽しく生きられる。そのトレーニングの意味もあります。思い立ったから、それを始めます。

それでは。
スポンサーサイト
HCl
模試終了
答え合わせしてたんですが、胃の壁細胞が…塩酸が… 明朝、代謝性アシドーシスになってたらそのせいです。 模試性アシドーシス
点数を上げるには、まず産婦小児に手をつけて、QB2周必要だなーという感触。それが達成されるのは果たしていつ…?

ま、いろいろ考えてもできることは結局殆ど変わんないってことで

そして只今、階上coupleが修羅場のようです、、怖いー
ゴーヤと
豆腐が安いとの噂に基づき○正に買いに行ったら、ゴーヤが買ってくれと言わんばかりに積んであったので、初ゴーヤ。一本全部スライスしたらゴーヤ祭になった。灰汁抜きなんて予定外だったから時間とれずに若干苦いまま。豆腐も買ったからここはチャンプルだと思って作った。レシピを見てうまくできてもなんか嬉しくない気がするので、いつも通り適当に作る。only just eatable... 明日もゴーヤだ。。

噂通り、1日じゃ模試おわんない。てかわかりそうな問題の相変わらず多いこと。そして迷って間違える。今回はTECOMなのに、春のMECの模試と問題が似てるものがちらほら、、あるのに、やっぱりわからない。

メディアは狭いところに席を移したら捗った。かわりに同級生にも会わなくなったけど。。そこの壁には落書きがしてあって、夏の間に幾度となく見ることになるのだと思う。なんか受験生の頃を思い出して少しだけ落ち着く。

しつこいが、「ものぐさ精神分析」はいい。最近寝る前に舐めるように読んでる。ラカンより全然いい。たまにベースにあるフロイトの思想が出てくると違和感あるが、それを使ってなんでか納得いくように書いている。

今最も幸せな人と話したら幸せな気分になって、なんかそれでいいって気になりかけた。複合化された人の力ってすごいなと思った。
結局ねむれないので
昨日の脱力の原因となっていたちょっとしたクリーゼからは回復した模様。「ものぐさ精神分析」は感涙ものですよ。新しい話はそんなにないとしても。活字で泣ける本なんて、そうは無い。 司馬遼太郎を読み始めた。歴史!
東京はお盆だそうですね。うちの祖父は父母方とも亡くなっているのですが、先日その祖父の夢を見ました。正確には、亡くなった祖父の寝ていたベッドの夢。部屋とベッドがあって、それだけ。なぜ。

感じてからそれを人に伝えるまでに、タイムラグがある。吟味する必要のない、吟味してはいけないことを考えちゃいかん。癖がぬけない。
a half
1回の挫折だとそれなりに立ち直れたけど、2回連続して同じことで挫折したら、立ち直る時に曲がってしまった気がした。それは考え過ぎた結果ともいえるけど。2回くらいで曲がってしまうような極端なやり方はもうやめよ。

それとは関係ないけど、今日は1/2の力で行動。
QBも予定の1/2。どんまい自分。
きっと、心身ともに健康でいさえすればそのうちなんとかなる、と思えているうちが華。
今はまだ華。

この夏はピアノを再開することにした。どんなに傷ついてても、ピアノなら大丈夫。心を100%開いた交流を保つ生命線。と言えるのも、趣味で素人がやっているからなのですが。
夕方は、誰かと飯を食べるか、ピアノか、走るか、の三択の予定。
10月に燃えつきる予定。
5年前に過去最高に練習した曲は、かなり飛ばすフレーズでもそれなりに健在。モチベーションは当時に近いものがあるけど、前ほど若くないし、どこまでやれるか。昨日、久々のハノンから。左手が右手と同じようにうまく使えない。困った。パスカルロジェになりたい。
もくもくー
「ものぐさ精神分析」によると、人とのコミュニケーションで重要なのは、役割を演じる中で、共同幻想を如何に持つか、らしい。僕の幻想が共同幻想の塊となって昇華される事態は、果たして訪れるのでしょうか、、

久々に自分の厚みのない時期というか、掘っても何も出てこない時期が到来しているみたい。ただ現状をこなすので精一杯。自分の幻想の流れを変えて、幻想を共有するとかそういう高度なことはとてもとても、、、

今日はもくもくしたい気分。
静岡
キャパないなー。だからいつもちょっとだけ無理をして、そのせいで外界との交通の質が落ちる。

静岡に旅立ちます。研修は自分次第だよ、とはよく言われますが、やっとその意味がはっきりしてきたような。静岡は直接受ける予定はないけど、そういう意味での肥やしになればと。

しっかし一週間に2つ見学は、普段の自分の生活からして多い。
行く前から帰りたい、、

鰻食えるかなー
楽しみなのはそのくらい
中央線沿いの赤い十字印の病院に見学に行ってきました。8時集合、夜10時終了。研修医が、一年目なのにできる。勉強しなきゃ、、。夕飯食べずに救急で、帰る時は身体が軽かった。そのあとラーメン食べたので相殺されましたがw

見学は予定ではあと2つ。追い込みだわー

まとまらないことが多い、、
遅い
夏休みも2日が経過。早い。連続した2日間の勉強量について、翌日は前日の7割に落ち込む模様。このままでは0に収束する。
3日で1教科終わらせる計画の友人を発見。とりあえず自分が高3だった時を思い出してみる。取り憑かれたように空回りも気にせず勉強していて、それしか頭に無いって状況がちょっと懐かしい。てか中学以降の夏は校内模試でいつもえぐってたな。そして満足な成績がとれたのは1回だけだったなw
最近でも一日空いてて勉強してるとそういうのに近いモードに入ることがあって、人とのコミュニケーション能力が局時的に下がる。そしてそういうときに発言したことは大抵後悔する。ギスギスはいかん。器が狭いよ。

火曜日に見学にいく病院には在学証明書が必要らしい。果たして学事課は明日のうちに発行してくれるのだろうか、、、

履歴書の写真を撮りにいかねば。近くに住む同級生の多くが行くというその写真館では、フォトショで綺麗にしてくれるらしい。髭とかつるつるにしてくれるのだろうか。
撮ったら髪を切ろう。暑い。

やばいと思った時には、もうそのやばいことはだいぶ他者の中で育っていて、対処するにはちょっと遅いらしい。深い。
夏休み入りましたー。昨日はポリクリ班で打ち上げ。各人の笑いの積分値をとって合計したら、きっと自分が所属した集団の過去最高になるでしょう。笑いすぎた。
一応学生として最後の夏休みだし、今までの経験を総動員していいかんじに過ごしたいものです。目標はきちんと立てると、もれなくきちんと崩してしまうので、朝は早めに起きることと国試の勉強を生活の中心にすることくらいにしようかなーと。

昨日まで回ってた放射線科では、治療室にシューマンのピアコンが。これショパンかなぁ?と言って、いや、ちがうんじゃない?と言ってくれる班員がいるのは結構嬉しい。外病院の形成外科のオペ室では、多分ベートーベンの弦楽四重奏。
最近数年ぶりにショパンを聴けるようになって、ラフマニノフはシンフォニーが消えたけどチェロソナタが新たに入ってきて、プロコフィエフとスクリャービンが消えてきた。メトネルのバイオリンソナタは寝る前の勉強用に保守。ショパンはピアコンが聴けるようになるまでになるかなぁー。
今日は久々にピアノを弾く。
3年
引っ越して今日で3年が経過。いろんなことがあったなぁ

自分はどちらかというと方向音痴ではないと信じていたのだけど、昨日代々木から246に出ようとして、気付いたら原宿駅に出たのは界隈に住んで4年目としてどうかと思った(爆)道の角度が想像より20度くらいずれていたのが誤算。 

昨日はほんとdysfunctionalだった。ま、計画が立ったからいっか、、
今日は久々にフルで忙しい予定。
今日はKAPPAで七夕祭に。
結構知り合いがきてましたねー
SFCにははじめていったけど、キャンパスらしいところだった。遠かったけど。

蒸し暑さと人ごみと意味のない喧騒と屋台の匂いと
なんかみんなが浮き足立っているような
何かが期待できそうな、でもそれが叶えられることは決してなかったりする
それでも、いつまでも切望して止まない憧れというか
そんなお祭りの雰囲気を嗅いできました。

関係ないけど、笑いたい時にどうぞ↓


グロテスクorz
そういえば。昨日夢を見た。グロテスク。

大宮駅9番線ホームの階段を下りると、なんだかざわついている。そこには普段見えるはずの11番線ホームと鉄道修理場への引き込み線が無い。かわりに60度くらいに切り立った土手があり、そこに人の形をした赤い塊がある。誰かが、礫死体だよ、と呟く。
そこから状景は電車内へ。車内は熱気で蒸し暑く、茶色の座席に深く座る。僕はこれから病院にいかねばならない。というのも、どうも僕は銃撃にあって弾が身体の中に残っているようなのだ。試しに左下腹部に手を当ててみると、どうも内鼠径輪から腹直筋鞘の筋膜の間に、直径1cmほどの弾が2個、ころころ触れる。弾が腹腔内に落ちたら腹膜炎になるから、落ちないように外側に寄せておく。
そこから回想。僕は灰色のロッカーの立ち並ぶ狭い場所で至近距離から銃撃され、腹部2発と両大腿部に1発ずつ(弾は貫通)、そして左手首を抉るような傷を受けたらしい。抉られてぶら下がった肉片を元の位置に戻しながら歩く。
電車を降りて祖母の運転する黄色の車に乗り、降ろされたところから歩く。途中に火事で煤だらけになった店があり、並べられた焼死体に泣き叫ぶ人がすがりついている。それを横目に病院の入り口の坂へ。そこを登ろうとするのだが、足元が脂ぎっていて滑る、滑る、そして僕は病院にたどり着けない。そこで目が覚めた。

毛が無い
久々に風邪らしい風邪をひいた。一昨日鼻腔の疼痛から始まり、今は喉頭蓋辺りに炎症の中心が移ってきた。咳嗽の多くは後鼻漏によるのだと地域医療で習ったのだが、無駄に実感中。喀痰と鼻汁の色と性情似てるし。

病理のポリクリは最高に毛が生えないかんじなのだが、教科書は相当自分的ツボをついてる。
3年前に勉強した時はつらかった記憶しかないけど、今ロビンスとかを読み返すと結構おもしろい。けど、そんな時間もほとんどないことが悲しいところ。外科では解剖を見直すことがともすると多かったけど、内科では病理を見直すくせをつけとけばよかった。。
そういう目で見ると、病理は未だしも、先輩が5年生の時にヴォート(生化学)を読み直すのがツボだと言っていたのは、相当勉強が進んでいないとできないことだったのでしょう。

そろそろさすがにやばかろうと思い、マッチングの日程を確認した。意外に被っててげんなり。取捨選択。
あぁQBを進めよう進めよう、、

笑われたw
やっと小児の発表おわった。
始まる前はめんどくさいのに、終わった後は別にどうってことないじゃんと思うのは、ほんとうにいつものこと。めんどくさい感覚に慣れるということはないのでしょうか。
プレゼンでは7割の力を出し(speech自体は死んでたけど)、質疑応答で2割が聞き出され、1割は余裕があってしめしめと思っていたら、プラス上乗せ2割で想定外の質問がきて若干テンパり、助教授クラスの発言をかまして大笑いされました。言った時は真面目だったのになぁ。後になって考えるとやばかったわ、、

そもそも朝から5時まで某センタ-で無駄なクルズスの嵐に見舞われていてほとんど練習できない上に急いで大学戻った頃にはお腹すきすぎてアドレナってたのが裏目に出たかんじでした。

あ、春日武彦著の「不幸になりたがる人たち」はおすすめです。
読後感は良いか悪いかと言ったら悪い方(他の書評でも)だけど、そのくらいの覚悟をどこかに秘めて日々過ごすのも一理あると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。