This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進捗
4日で7科目ってやっぱきつい。泌尿器はデュプロの出来はよかったにもかかわらず知らないことが結構出た気が。過去問になくて授業で言ってないこと出すなー。メジャーだったらともかく、マイナーなら特に。

今更だが、試験期間中は人格が若干変化する。ストッパーが外れるというか。多分アドレナってるからだと思うが、細かいことを考えなくていいので楽ではある。嫌いじゃない。

今更で思い出したが、自分の仕事のできる量を把握しなければならない。10割の力を仕事に使わない(7割が自分の限界であると自他に主張する)ことが非常に大事なことを、最近になって気付く。そのせいで試験前日は酷い目にあった。

花粉が飛んでいるようですね。そろそろマスクの用意を。

あと箱型映像受信機がないため噂には聞くのみであったルー語が、どういうものかをさっき始めて知りました。http://lou5.jp/

スキン科のスタディーをはじめる。
スポンサーサイト
negative.
今日は読むの8割、ほかの事考えるの2割なかんじで午後からメディアで勉強。順調に追い込まれてる感じです。考えた2割の内容が自己否定的だったので、あまり気分の良くない一日。せっかく否定したのだから、試験終わったら既に予定一杯だけど、とりあえずそのマイナス分を埋める分だけ何か少しでも行動を起こしてみようかとも思う。
本当になにものにも縛られずに生きるのが一つの理想的なコンセプト、というスタートに立って、もう一度その部分を見直したい。
肉食べた
今日は久々に知人友人と飯を。
ああ、本当に認識論がしっかりしていればもっと会話がおもしろくなるのに、と思う。「絶対に」という言葉がちょっと話題になったが、絶対にというのはありえない、という話をするとき、それはありえないよねーという共通認識(一部は非認識だったが)で終わってしまうけれど、それをいかにおもしろく話せるかは認識論にかかっていると思うのだが。あんまシリアスになっても面白くないから、このくらいの文学的たわむれくらいがちょうどいいのかもしれないけど・・・。
あとは内容が了解不可能な発言は世の中にあるんだーという話でした。本人を連れてきて訂正可能かどうかを確かめられれば診断は完璧でしたが、今日はそういうわけにはいかなかったので残念。
それと、人と喋るときにはそれなりに頭とエネルギーを使わなければいけないことを再認識。

デュプロ予定通り進まず。
2ch
頭の中には2つチャンネルがある。とかいうと自我の障害のように聞こえますが、今はそういう話ではなくて。デュプロを読むときは、たいてい音楽を聞きながら読むか、他のことを考えながら読むか、です。デュプロを読みながら読むのは、次の日が続かなくなるので試験前日の追い込まれたときだけです。どうもこんばんは。久々に温かくて携帯の電波の届かないところで勉強して参りましたよ。
そう、デュプロ読みながら音楽を聞いてて、ふとデュプロから目を離したとき、そのチャンネルが空白になるわけです。するとそこには自生思考が入ってきて、そこで想起されることはたいてい自分の今の境遇のことであったり、未来のことであったりして、なんともいえない気分です、。

最近はマッチングのことが懸案事項で、なのでそういうときに想起されることも、主にマッチングや1年後に勤める病院や将来の科のことであったりする。今までのポリクリや学生生活というのは、○日後、○年後には終わる、という明確な根拠のもとこなしているわけで、そうではない連続性の強調されるべき性質のものについて、自分の意思をどう働かせたらいいかわからないというか、とりあえずどうすればいいかよくわからん。厳密に言えば(社会的にはその必要はないが)認識論が確立されていないから、と言えるのだろうけど、話はそう個人的な領域に収まらないのが現状。

今日は某病院に見学申し込みの電話をかけました。自身初の申し込みだったわけですが、あー言っておけば良かったとか、もっとこういう持って行きかたもあったのではと、後になって細かいことが想起されます。いいっちゃいいのですが、なんとも。

面接で「なぜ~~なのですか?」的な質問をされたときの作戦をよく練らなければ、、。 素で行ったらどこも採ってくれなさそう。今の僕の最終的な結論は、「理由は特にない」。orz
Nothing is supposed to be wrong.
やべーデュプロ読む気がおきな、、、、 ん?なんでしょうか?こんなに切羽詰っているのに。

パクリ。結果↓
http://nashimoto.hanihoh.com/r/?k=080218ydjg47b98d293f64c

…~。

試験近づいてるけど、健康生活はまだまだ続けますよ~
クナ
指揮者列伝なるものを手に入れた。そんなん自分で聞いて開拓しろ、というのはあるべき意見だが、ド素人にとってたまには道案内も必要。資金に限りはあるし、特にオケは言われないとわからないことも多くあるもの。それをもとに朝比奈とKnappertsbuschのBruckner, Wagnerを昨日入手。朝比奈は端正で、ピアノでいうなら園田を柔らかくしたようなイメージ。クナはすごい。録音はモノラルなのに迫力が違う。今まで他の演奏で聞いていたのと同じウイーンフィルとは思えない。Scherchenのベートーベン第7,8をきいたとき以来の衝撃(これはまた違う意味で衝撃だったが。。)一度生できいてみたかったなぁ。
アシスタント卒業
こんな疲れたのいつぶりだろうというくらい疲れました、けいゆうICLS。KAPPAの内部だけにいたんじゃ全然だめだなーと、改めて。いろいろなものが足りない。まぁとりあえずアシスタント卒業してインストラクター申請できるようになったのは形式的な大きな収穫。明日ネットで申請しよっと。
中身は全然イントラじゃないのに称号だけついてしまうのはびみょーやなーと思うけど。。もらえるものはもらっとけ的に、とりあえずそれに見合うだけの実力を身につけたいものです。
けいゆう病院で先輩に2人会った。ほんと世間狭い。帰りに信濃町~四谷歩いてたらさらに2人の先輩に遭遇するし。

とりあえず一旦ICLSは暫く置いておこう。
明日からは眼科を… (って書くとやらない気が、、、
予期不安
昨日はKAPPAのメガコード練でしたが、介助やってる最中にラボ管理人の安井さんに「腕かして~」って言われてついて行ったら、いい血管してるね~って言われて(誉め言葉?)病棟看護師さんに一本血を抜かれましたw 明日OSCEなので腕が必要だったそうです。 しかも途中で針抜けたよぉぉ 駆血帯早くとってくれーってかんじでした。。

土曜にけいゆう病院のICLSイントラ予定なのですが、事前資料に「基本的に流れを説明してもらいます」って、基本イントラ全部やれってことなのでしょうか? それは、、えぐす
子ブース割りは経験10回以上の先生+イントラ初めての人+自分(一応経験4回) なので、現実味のある話。初心者でも大御所でもないこの立場。DC・挿管なら未だしもKAPPAイントラ経験のないBLSと気道管理・・・えぐることが目に見えててうつだわぁ

ポリクリのないこの生活が続けばいいのにな~
モラトリアム++
3日間同じ場所にいるのに疲れたので、とりあえず手帳と本を鞄に入れて歩きに出た。大学の横を素通りし、外苑の銀杏並木を抜けて青山、246から外苑前へ。今度行こうと思っていたリュネット・ジュラを見かけたが、自分に似合うものを選ぶなどという高度なセンスを要求される気力がなかったので、とりあえずSubwayに入る。手帳に今の問題点を青字でまとめてみる。依然として結論は出ないにもかかわらず、明日の予定は立ってしまうところが社会で生きるということ、と思ってちょっとげんなりする。
Subwayから見下ろす交差点に、入り口の洒落たリブロを発見したので、入ってみる。品揃えは悪くないように思えた。
そこで買った一冊が次の本。
福田恆存「人間・この劇的なるもの」
まだ数十頁しか読んでいないが、結構フィーリングが近いものを感じる。それでいて自分の手の届いていない部分に言及しているから、おもしろい。
『私たちは、自分の生が必然のうちにあることを欲している。(中略)ひとは生きる。同時に、それを味わうことを欲している。現実の生活とはべつの次元に、意識の生活があるのだ。それに関わらずには、如何なる人生論も幸福論もない。』
なるほど、僕が今、人生論とか幸福論を原理的に語ることが"できない"ことは、このあたりでうまく説明されるのかな、と期待させられる。

いったん中断して、おなじくそこで購入した村上春樹の東京奇譚集を読む。
福田氏の観点から言うと、彼は必然性を求めた結果、極めて高度な鈍感さを身につけたのだと言える。尤も彼の作品の良い点はそこにあるとは言えないのだろうが、詳しくはもっと詳しい人に譲る。

2つの本の始めの数十頁を通して今日思ったのは、結局僕が「ほんとうの自分」として生きていく(このワードは両者に共通したテーマだった、)ためには、まだ幾つもの皮を脱ぎ捨てないといけないのだ、ということでした。そして脱ぐための摩擦は社会の中での営みによって作られて、摩擦をうまく利用するにはそれなりの時間をとって努力をしないといけない。そういう位置づけになりました。


そして、モラトリアム気分どっぷりだった今日は、QBが予定の半分も進まなかった。
両毛線
takkiさんにコメントいただいて、ふと思い出したので投稿。
(○○系ってのは調べました。)
写真は両毛線115系。こないだ佐野厚生に取材に行ったとき、小山のホームに止まっていた。後発だったので乗れませんでしたが、あまりにも懐かしかったので撮ってしまった。物心つくかつかないかくらいの昔から高校2年くらいまでの間、宇都宮線でよく乗っていた車両です。モーターがうるさくて英語のリスニングとかできません。音楽もよくきこえません。そのせいで、高校生まではウォークマンを外で使ったことはありませんでした。

両毛線115系


ちなみに帰りは107系でした。写真はないですが。あのピンク色はどうしても長崎ちゃんぽんのなるとを思い出してしまう。おいしくなさそう。
電車の中には地元の高校生がいっぱいいました。心なしか東京より露出度高い女子高生のみなさんでした。確認しますが、写真はないですよ。
そんなばかな、、
家の裏のやよい軒がつぶれた…orz
食糧が…

ちなみにそこはやよい軒一号店だったそうです by wiki。
てかそのビルに入ってた歯医者もこないだ撤退してたし、ビル建て替えでもするのかなぁ?それとも商売繁盛しない建物なのでしょうか。
やよい軒の跡には何ができるのかな?何ができたら嬉しいかな?
CD屋とか本屋ができたら浪費しそうだし、電気屋は音がうるさそう。文房具屋は悪くないなぁ。99shopならもっと悪くない。あーでも中国産のものばかり扱うなら使えんなー。やっぱもう一回やよい軒できてくれないかなーw 中華料理は太るしなぁ。 八百屋ができてくれれば健康にいいかも、、、、

妄想終了。


最近周りが英語ブームです。アメ留行く人はしこしこ(こつこつin positive word)やってるしねー。何事も続くようにやるのが最優先であり、難しいところ。
あとほんとに一年しかないからなー。国試前の先輩をみてると、そう思う。
脳とれ
今日おぼえたこと:
STANDかっさい
AIUEお捨て

今日かんがえたこと:
集中力低下⇒TSH↓S/O⇒SRIH↓⇒GH↑⇒PIH↓⇒PRL↑⇒乳汁分泌
…んなわけねぇ。

内分泌の道のりは果てしない。。
-4年
自分の世界を8割捨ててみると、やっぱり若干生きにくさを感じる。環境改善によりやっと家で落ち着くようになったら、家の外では落ち着かなくなりました今日この頃。言葉にしてしまうともういいやという気になって飽きてしまうので、とりあえず続けたいことについては言葉にしない努力をすることにする。。なんだか大学一年のときに戻ったような感触。社会に自分を位置づけるという意味で、極めてやり方が下手に思われるが、今更遅い。それなりのことを、それなりにやるしかない。僕が下手だと感じるのは摩擦を感じるからであって、そもそもそういう位置づけ行為に摩擦はつきもので、僕の手腕がどうとかではなく、それに耐性があるか否かの問題なのかもしれないが。真偽は不明。

ちなみに最近KAPPA近傍の様子が変ですw
一足早く桜が、、 温暖化の影響がここにも…
明日はJPTEC練で、班分けをチラ見しましたが。
でも負けない。とりあえず花粉症にならないように気をつけますw
寿司是教育也
今日髪を切りに行ったら、両親が出てきているというので飯を。
一年以上ぶりに寿司を食べた。死ぬほど美味かった。生きてて良かった、という単純な感想w

教育というのは難しくて、ある段階で価値観の押し付けがいい場合もあるし、そうであってはいけないという原則論もある。新聞部で自分が先輩から受けたありがたい教育と、自分が今後輩にしている指導染みた難癖とを比較してみて、うーんと唸る。ちなみに現時点で僕が必要とする教育の本質とは選択肢の提示であって、今日は大トロ+正しい寿司の食べ方という、食生活に対する選択肢が新たに提示されたという点で、いや全く良質な教育を受けた気分である。

あぁ、おなかすいたなぁ。
明日の朝は恵方巻きの残りを食べなくては。南南東。
回想
2月1日といえば、やはり11年前の早朝を思い出す。そのときから11年間、変わらない習慣である。いろいろなものに守られ導かれながら、生まれて初めてやるしかない、と肝を据えた。地平線から伸び上がる橙色の光を埼京線の高架の上でまともに受け、目を落とす直前問題集の文面。あの頃は確かに、何かに夢中だった。何かの厚い庇護の下で。どうやって生きてもいいんだ、なんて思えなかった。価値判断は何かの基準に従って明確で、目指すものは何故か医師だった。それ以外のことを考えるには、経験も、能力も足りなかった。それでも医師になるのだ、というプライドのようなものは常にあった。哲学はよく理解できず、安易に行動指針を提示する倫理学を好んだ。それは、価値判断の基準を明文化したかったからなのかもしれない。高校に入って価値判断にちょっと疑問を持ったけれど、大学受験が終わるまで、先のプライドだけは変わらなかった。

医師行きのエスカレーターに乗った。
乗って4年程して、一瞬アッと思った。それまで積み上げてきたものの直下に穴が開き、構造物がすとんと下方に消えた。そのうち頭の中が真っ黒になった。白色でも、暗黒でもない。全てを飲み込む、明るい黒になった。

理由はわからなくても、進んでしまうものがある。此処に於いてそれはやはり、時間軸に刺さった事象群なのだと思う。それに関連して。過去の選択分岐点に於ける自己の意思がそれ以降の自己に与える影響は、自己の中で時間とともに相対化される、と僕は思う。時間が進んでしまうから、決めなければならないことがある。その決められた事象の意思介在性は時間の進行とともに引き伸ばされ、相対化される。だから大局的に観察したとき、遥か昔のことは昨日のことより妥協できる。さらに自己の意思の必要性に関して、ある意味こだわりがなくなる。生きられる時間が長いほどこの引き伸ばしの効果は高くなるはずだから、長寿社会の現代の方がみんなゆったり生きていてもいいと思うのだけど、現実はかなしい哉、逆?とすると、おそらく、寿命を延ばす動機と意思介在が必要だとする動機が、同じところにあるのでしょう。寿命を延ばすことと意思介在の必要性が動機に於いて同じところにある、ということは、そうか、みんな長生きしたいだけなんだ!


というわけで、デュプロ執筆に戻ります。
オーラソーマリーディング
昔のお気に入りを整理してたら、
↓んなのがでてきた。やってみた。
ttp://white-love.jp/13.htm

>一本目 魂のボトル(あなたの本質を示します)
イエローは個人の意志、ブルーは天の意思をあらわします。個人のエゴを超越し、大いなる存在とつながっていく可能性を示唆しているこのボトルを選んだあなたは、平和と安定の心を携えています。強い信念と高い志を持ち、高次なレベルで周囲とコミュニケーションしていきます。深遠なる思想で周囲に影響を与えるでしょう。自分の進むべき道、真理、光の存在に気づいています。高い知性と感性で、自分を表現していくでしょう。
ボトルNo 094
ボトル名 大天使ミカエル
カラー ペールブルー/ペールイエロー

>二本目 チャレンジ&ギフトのボトル(あなたの過去と乗り越えるべき課題を示します)
人生に対して失望を感じ、自暴自棄になっているようです。過去の痛みをまだ解決できていません。大きくつらい体験を経験したせいか、「神も仏もない」と、その存在を疑っているのでしょう。また、自分自身を欺き、希望的観測に浸っている可能性もあります。スピリチュアルな手によって、手品のような変化が起こることを期待していませんか? 突然、幸福が降りてくることを思うあまり、現実的な努力を怠りがちでしょう。
ボトルNo 044
ボトル名 ガーディアン・エンジェル(守護天使)
カラー ペールヴァイオレット/ペールブルー

>三本目 「今ここ」のボトル(現在の状態と気づきを示します)
人生のターニングポイントを迎えています。今こそ、古い価値観や概念を捨て去るとき。新しい手応えを求めていきましょう。小さな達成感が、その引き金となるはず。積み重ねが自信につながっていきます。まずは、自分自身が興味を持つことからはじめましょう。努力の成果は必ず形となってあらわれます。前向きな精神はすべての好循環を生み出します。本来持つしなやかなでたくましい感性が発揮され、あなたを成功へと導くでしょう。
ボトルNo 101
ボトル名 大天使ヨフィエル
カラー ペールブルー/ペールオリーヴ

>四本目 未来のボトル現在の状態からどう変わっていくか、未来の可能性を示します)
感性と知性が調和しています。バランスの取れた精神性の持ち主です。広い心で周囲に愛を示す、その姿勢は常に協調的です。多くの困難を乗り越えたあなたは、何ができて何ができないか、何を為すべきで何を為すべきでないか、きちんと理解しているのです。芸術への造詣が深く、自然環境など人類の愛と平和のために働いていきます。精神的なものにも、現実的な部分にもポジティブな側面を見出せるあなたは、物質的な恵みも手に入れるでしょう。
ボトルNo 057
ボトル名 パラスアテナ&アイオロス
カラー ペールピンク/ペールブルー

~~~~~~~
ありがちな当たらずとも遠からず的な。

デュプロ~ン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。