This is a game.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まっくす
午前中はずっと研修医と行動を共に。さすがに担当患者20人以上を一度に把握するのは大変そうです。廊下は歩かずに走るもの。。そして空気読み度Maxなのも大変です、、まだ自分は読みきれないし(読み違えたと気付く瞬間が何度か)、先生は(おそらく)そこに付け込んでいろいろ振ってくるし。。どういう反応をするか観察して若干楽しまれた気がする。こちらとしてはホント冷や汗ものでした。学ぶものも多かったけど、、。あそこで生きていくには修行が足りないっす。こんなことなら中途半端な運動系ではなく、若いうちにもちっと体育会系の部活でえぐっておけばよかったと、思いました。
常に対人関係と業務で緊張度Maxなのも悪くないけど、ここまでもうちょっとどんまいな年のとり方をしてきた自分にとっては、二週間が限度かと。三日目にして一週間終わった気分。
スポンサーサイト
川柳
バブル崩壊直前の頃の新聞に、20世紀に残したいサラ川柳が載っていたとな。唸ってしまったものを二つ。

さからわず いつも笑顔で 従わず ・不良OL
「早くやれ」そういうことは 早く言え ・新舞い

うまい冗談をさらっと言える知能は憧れる。楽しく生きる術をみつけたいもの。
ぱんげ
最近太ってやばいので、土日月と走りました。サポーターをしたにもかかわらず左膝痛が再発し、階段を昇るのがつらい、、4階のオペ室までが遠いかめやまです、おはようございます。

般外の一日目は生体肝移植。昨日の朝からはじめて終了予定が今朝8時らしい、、、ので、とりあえずドナーグラフトの血管二本目の縫合が終わる頃に出てきました。生体移植は命の分け合いですね、、。正常な人体にメスを入れるという発想はなんとも言えないです。
今まで無条件に拒否ってたという経緯もありますが、柄にもなく外科っていいなーと思いました。
手帳
銀座伊東屋、新宿ハンズ、新宿世界堂と探しても探してもピンとくるものがない。
それで、どうしようかと悩んだ末、今までの手帳歴を振り返ってみることにした。手帳をつけ始めたのは2003年だが、その頃からの全ての手帳を見直してみてわかったことは、自分は手帳に基づいて行動しないということでした。よく考えると、二週間先くらいのことまで覚えておいて、それより先のことは適当に机の上のメモに書き散らして、適宜リマインドするというかんじ。それだと手帳をつけるのは面倒だし、続かなくなるわけで、やはりかなり忙しくて重要なアポイントが重なる数カ月(4,5,9,10月が主)の期間を除いて、多くの手帳の面は真っ白である。
来年の手帳はどうしましょ。。
レポートは週末まで残しておくものではないと実感している昨日からの2日間。。めんどい、、、、、ともかく何としてでも今日中に終わらせて、明日は気ままに過ごしたいものです。。あー。

昨日は、手帳とカレンダーを買いに銀座の伊東屋に行ったのだけれど、人が多すぎてろくに見られませんでした。。なので、山野楽器でフンメルのピアコンを購入。以前からラジオできいて狙っていたもの。
あとこないだ紀尾井ホールで小森昭宏(慶医OBにして作曲家!)のジャズ風の「サンフランシスコへようこそ」を聴いていいなーと思ったので、ジャズとクラシック折衷の本格派でロシア人のカプースチンのエチュード・ファンタジーを購入。店頭では「これを弾ければモテることまちがいなし!」と山野楽器らしからぬコメントとともに販売されていたのだけど、まぁ技巧的にはヤバスですわ。。聴いて満足しよう。

てか暖房が効かない。足元が寒い、、、机の位置でも変えようか、、
さむいおー
さむいっすねー
なんだか実感わかないのですが、脳外は本当に終わってしまったぽいので、あとはレポートを書くだけです。→週末でいいや、、、 というわけで、暇人になりますた。

ポリクリ始まってから暫く経ちますが、一番始めにencountした患者さんに言われたことを、最近ふと思い出します。人生いろいろ経験したおばちゃん系の人でした。どういう話の流れだったか忘れましたが、「最近は顔がどうだスタイルがどうだとか言うけれど、そんなのは関係ないよ。何が重要って、食事だよ。将来はきちんとご飯の作れる人と結婚しなさいよ」みたいなことを言われました。その患者さんが今生きている確率は、当時の状況からして統計的にかなり低いことを思うと、ちょっと物悲しくなる今日この頃です。

卓球部の部誌が届いたようなので、もらってきました。みんなおもしろいっす。自分の原稿は、改めて読んだら最初意味わかりませんでした。。どんまい。

さて。楽しい話がなーーんもない自分としては、寒くなったら閉じこもるのが一番、そして光熱費タダということで、学校に棲息するのがやはり一番のようです。
ていうか家の机は恐ろしいほど集中しないのです。結構がんばってカスタマイズしたんだけどなー、高さが高すぎるのと、足が伸ばせないのがいけないのかなぁ、、、、
夕方はメディア、人が少なくなったら部室、職談、医師談。閉じこもるだけではテンションが下がってしまうので、上げて一定に保つための音楽を入手してきました。寒い中自転車で片道20分。。
ダンス、ダンス、トランス、ディスコ。今i-Tuneに導入中。これで初冬は越せそうです。明日からが楽しみ。
ああ。
意味を汲み取ろうとするたびに、突きかえされます。
そのうち笑えてきました。
こちらへどうぞ。。
雑感
寒い。
精神科の公開ケースカンファらしきものに出席。
一連の情報を与えられた後、何をディスカッションすればいいのかわからない。自由に発言を求められたが、結局一度も発言しなかった。もっともその後先輩と話したところによると、何をディスカッションするか決まっていたら、それは普段からそのことについて考えている人しか発言できないでしょ、だから今回(学生、看護師を含めた公開講座)はそれでよかったの。と言われた。たしかに。
たしかにいろんな視点からの意見は聞けて有意義だったけど、僕は医学の視点から見るからには何らかのスタンダードな論理の道筋、言葉の追いかけ方のような基準が欲しい。自分の持っているものは勿論それなりにはあるが、それだけでは素人となんら変わらない。医師として議論するのであれば、プロフェッショナルにOnset and Courseの"評価"をするための、解析ツールとしての言語解釈が欲しい。それがもしも本当に無い、もしくはディスカッションにおいて気にされていないなら、僕の中で精神科の面白みは7割減くらいになってしまうかもしれない。友達と、そういう方法論が無いところが精神科の面白いところなんだ、という話もした。それを面白いと思えるかどうか。自分だけの医療ができるという意味では、priceless。
少なくとも今日感じたのは、EBMができていないだけでなく、EBMを行うための下地となるものの捉え方も整備されていないという印象でした。良くも悪くも。

その後池袋NOAHへ。ちょっと時間があったので、たまたま目に入ったラーメン花月に入る。中学高校のときよく大宮の氷川神社近くの花月に入っていたけど、大学入ってからは一度も行っていなかったから、実に5年振り。相変わらず妙な後味のスープだけど、懐かしい味。


先週の金曜に発足した医学教育を考える会のHPを作ることに、、。
さすがにTeraPadタグ打ちで一から作るのは費用対効果がやばいので、まだ使い慣れないDreamweaver MXを駆ってみる。Tableはやっぱ限界が多くて、その反面レイヤーの強さは頼りになる。absoluteで位置が指定できてしまう楽しさ。divやらspanの概念とかは手元に本がないのでいまいち理解できてないのが痛いところだけど、とりあえず配色とか骨子はできた。相変わらずグレーとブルーを基調に、上部バーに慶應カラー。卓球部の時と非常によく似ているが、どう考えても自作中に感覚にぴったりくるのはそれしかないので、仕方がない。それにしても素人がHP作ると、時間はいくらあっても足りない。KAPPAでは先輩がMacromedia Flash MX使って作ったHPを引き継いでいて、そのメンテはやたらめんどい。リンクひとつ貼るにも式が全然違うし(a hrefではなくget_urlとか)、ムービークリップとかフレームとかシーンとかいう用語の概念を覚えていかなきゃならない。しかもムービークリップなのに思いっきり静止画像だったりすると、わけがわからなくなってくる。。
というわけで、今回Flashで作ろうと思ったけど、時間ないし後輩に引き継げないので素直に全てベーシックなHTMLで書いているところ。どんまい。FlashとかXMLとかPHPが主流になってきているこの御時勢。そろそろベースがHTMLで、がんばってもCSSか若干Java scriptまでの自分は引退時かもしれない。尤も今は数万出せばかなり上等なものを作ってくれるサービスがあるそうなので、所属する団体にお金があるなら、そういうところに頼むのが得策だと思います。見た目上、そして担当者の時間精神的負担上。

明日はPCから離れないと鬱になりそうなので、学校いこうとおもう。あ、、でもレポートPCでやらなきゃだ。。
Awake
今日はAwakeのオペ。プロポフォール切ってフェンタニルだけで患者さん喋ってるし!!Broca野に6mA流すと喋れなくなるし!見た目不思議な体験でした。

ポリクリ外で
ある程度の目標がある場合で、レールを作ったらそこから外れたくない、と思ってしまうのは、自己意識が過敏になっていることとほぼ同値。赤く音を立てて燃えるのではなく、青白く静かに燃えろ、というのは大学受験の塾の教師が言っていた言葉だけど、そういう感覚は大切にしたい。融通が利かないというほど辛くて怖いものは無いから。Open mindに、かつ自分の限度を弁えて、一方では自分の囲った小さな世界を大切に育てよう。
医師談で
脳外のポリクリは健康的です。自炊可能。

メディアが閉まるちょっと前から医師談へ。そしたら、いつも使ってる前の机に一組の男女が。机上には解剖学講義とネッター。へー二年生はラウンジで勉強するんじゃないのーと思いながらもいつもの場所に着席、iPod-nanoを聴きつつしばし勉強し、ふと目を上げると オイオイ 男ガ女ノ肩ニ手ヲカケテイル!! ここは学校ですぜ 欲情するな!(渇)(喝!)
女の方はラウンジとかで見たことあるぽかったし、邪魔になろうかとさっさと帰ってきましたとさ。
のうげ
脳外でSTA-MCAのbypassを見学。オペ室入ったのが8時半で、出てきたのが4時。たまに「学生さんさぁ!」と声かけられて抜けられず。
外科やるなら脳外!という人がいるのは頷けます。すごい。。

ちなみにポリクリとは関係ないですが、ある人がある発言をしたとき、その人が本当にそう思っているかは、全くの別問題というふうに捉える人はどのくらいいるのか。ある発言をするという事象と、そう思っているという事象は、絶対に同時に起こるとは言い切れない、という感覚を、普段から持っているのはやはりabnormalなのかなぁ。
新譜
土、日とへばってました。。日曜は四谷祭等全ての予定をキャンセルして休養。関係者にはご迷惑をおかけしました、、、m(__)m 先輩のマリオの演奏を聴けなかったのが心残り。
お陰でだいぶ回復しました。今週からは、整形小児産婦と続いた上り坂で乱されたペースを、国試の勉強するという方向に修正できればと。

そうそう。
有森博のCDが出たので、この間買ってきました!
今までも個性的な演奏だったけど、今回はさらに神がかってます。選曲も。自分のピアノの原点はここにあるんだなーってかんじ。ちなみに自分がピアノを始めて一年くらいから、小学校終わりまで習っていた先生です。
音楽に関して、僕が破れない壁を彼はとっくに破っていて、自分の感受性の広がりを全て包含するように音楽を構成している。彼は僕を理解しうるが、僕は完全には彼を理解できない、という位置づけ。つまり僕のありうる感受性全てを総動員しても、余すところなく行き届いたように感じられる音楽が、彼の作る音楽。
、なんて書くのは途方もなく畏れ多いことなのだけど、とりあえず、僕にとって神の領域にある演奏家だということです。

今のところ全く文句言わずに聴くことのできる演奏家は、 リヒテル、ルービンシュタイン、有森博 の三人。
熊った
産科も終わりに近づき、明日で終了。
今日は夜11時過ぎまで粘って分娩に立ち会いました。Apgar1分値で3くらいで、若干心配しましたが。。少なくとも臨床としてはやりがいあるんだろうなぁという印象。不妊治療を除いて対象が女性だけだから特殊ではあるけど。

日曜日に学園祭でピアノ弾きます。が!! ここ2週間全く練習してない。一通り弾けるかもしれないが、ミスタッチ&途中で止まること無しでは絶対無理という、、、まぁピアノひくモチベがないくらいポリクリが充実してたということで。。素でどうしましょ。今も弾く気おきないし。。
一区切り
発表終わったー。ちなみに教授はいなかった。
そして予想以上につっこまれなくて済んだ。"Williams"は先輩の言うとおり魔法の言葉みたい。あれを読んだと言ったらとりあえず大きな文句は言われなかった。まぁ実際それで土日潰したし。。
てか1回のケースプレゼン+論文抄読の正味7分如きで日々の生活は乱したくない、、。学生のうちにもっと数こなしたいですね。。
もっとhyperに生きなければと思いますた。

さて試問の勉強だー
Egus
今日は朝から学校でした。胎児心音、結構当たりました☆
病棟は二人のはずなのに、一人来ませんでした。鬱だったそうな、...orz みんな産婦人科疲れが出てきてるんでしょうか。次は脳外なので、それまではがんばりたいものです。自分は今週終わってもまだ修羅場が続きそうですが。。ただ英語を読むのには大分慣れそう。

とりあえず明日の教授カンファで潰されるまでの辛抱ですな。もっと鍛えられなければならないと思う。どうせエグるなら効率よくえぐらなくては。。仲間がいるというのは限りなく心強いものです。

終わったら教科書読めるze!!


あーあとさっき、↓見て笑いました。疲れてる人はどうぞ。
http://geinou.s8.x-beat.com/
うちにはテレビないので映ってるのは誰だかよくわかりませんが、とりあえず笑いました。途中から気持ち悪くなって全部見るのはあきらめましたw
数学
レポートは遅々として進まない。今晩は徹夜か。。utu。
気晴らしにブルーバックスで超ひも理論について読んでいる。数学の世界は美しい。虚数の概念とかをマスターできたら、新たな言葉を獲得したような気分になるのだろう。
実数は重ね合わせとかないけど、複素数には重ね合わせという概念があって、、とか聞くと、大森荘蔵の「心脳問題における重ね合わせ論」の下りを思い出してしまう。数学と哲学は親和性が高いのでしょう。
レポ作成時に無駄にWilliamsを読んでいるが、Indexレベルまではすぐ解読できても、その詳細を網羅させて理解する能力が、少なくとも時間的に無い。英語能力(±)。物理や数学など、専門外領域も然り。専門外に関してはトレーニングしてないし、こちらは時間的にではなく、能力的に無いかもしれない。それでも興味はある。

それにしても医学に関しては、生化学と統計が意外に重要なウエイトを占めている気がする。生理学も結局は生化学のfunctionをやっているだけだから、測定の方法が違うだけという観点からすると結局生化学に帰着されるのかな。
今更だけど、医学は概念を余りにも使わないんだなぁ。現実に何が起こっているのかが重要で、それを纏める言葉は必要最小限なのが必然。
肥ゆる秋
言葉通り食べては寝てを繰り返し、そろそろ食べることも寝ることもできなくなってきました。というわけで、来週のレポと発表の準備を始めます。。
医学の勉強はおもしろいけど、そこそこなんだよなぁ

人として生きたい。まだ生きることのペースがつかめない。
余裕(-)
昨日はKAPPAの救急の講演会で、帰って早寝して今朝は珍しく早く起きられたのに、この前までやってたHP管理バイトの後始末で時間が潰れてしまった。むーーーーーーーーー
今日はこれから予診じゃ。

昨日はAIDやら体外受精やらを見た。AIDの手技はさっと外来でできてしまうくらいのものだけれど、自分は関わりたくないと思った。倫理観がついていかない。
体外受精も、病室をちょっと改造したような雰囲気のところで行われていて、ちょっと意外。

時間がない。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。